児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

教員・児童ポルノDVD5枚所持→罰金30万円→停職1月依願退職

 サイト摘発のときに、弁護士に相談して破棄して捜査している警察に相談した教員は捜索も取調も起訴も罰金もなく、今も教員です。

中学・高校、3男性教諭処分 児童ポルノDVD所持・交通事故 /岐阜県
2018.07.11 朝日新聞
 県教育委員会は10日、児童ポルノのDVDを所持したとして、多治見市立小泉中の男性教諭(56)を停職1カ月の懲戒処分とし、発表した。県教委の調べに、「以前から若い子が出ているDVDに興味があった」と話しているという。教諭は同日、退職届を提出し、受理された。
 県教委によると、教諭は2016年6月ごろ~17年3月、動画販売サイトから児童ポルノのDVD5枚を入手し、所持していた。今年6月、多治見区検が児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で略式起訴し、多治見簡裁が罰金30万円の略式命令を出した。
・・・
児童ポルノ所持 男性教諭を停職=岐阜
2018.07.11 読売新聞
 県教育委員会は10日、児童ポルノを所持したとして、多治見市立小泉中学校の男性教諭(56)を停職1か月の懲戒処分にした。男性教諭は同日付で退職した。
 発表によると、男性教諭は2016年6月頃から17年3月までに、インターネットの動画販売サイトで児童ポルノのDVD5枚を購入するなどした。先月25日に児童買春・児童ポルノ禁止法違反で多治見区検に略式起訴され、多治見簡裁から罰金30万円の略式命令を受けたという。
読売新聞社