児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ単純所持の刑事処分と社会的制裁

バラツキがありますね

所属 刑事処分 懲戒 行政処分・影響
新聞社次長 罰金10万円 減給  
漫画家 罰金20万円 なし 連載中断
教諭 罰金20万円 懲戒免職 免許取消
県職員 罰金80万円 停職4月  
高校事務職員 罰金30万円 減給6月  
高知県警 巡査長 30万円 本部長訓戒 依願退職
和歌山県警 巡査長 30万円 本部長訓戒 依願退職
海上保安 30万円 停職2月  
検事 50万円 停職2月 依願退職
教員 20万円 停職6月 依願退職
塾講師 30万円 不明  
検察事務官 20万円 停職1月 依願退職
皇宮護衛官 不明 なし 依願退職
航空自衛隊 不明 停職5日 依願退職
警視庁 不明 無し 依願退職