児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

季刊刑事弁護「児童淫行罪・監護者性交罪と私」原稿

季刊刑事弁護「児童淫行罪・監護者性交罪と私」原稿
 一応脱稿

第1 はじめに 1
第2 児童淫行罪 2
1 保護法益 2
2 主体 2
3 行為 2
(1)淫行 2
(2)「させる」 2
4 児童淫行罪の3パターンと量刑傾向 2
①児童を雇用して売春させるパターン 2
② 師弟関係に基づくパターン 3
③ 親族間のパターン 3
5 罪数 3
6 余罪考慮の問題 3
7 他罪との関係 4
第3 監護者性交等罪・監護者わいせつ罪 4
1 趣旨・保護法益 4
2 主体 5
3 客体 5
4 行為 5
①「影響力があること」 5
②「に乗じて」 5
③ わいせつな行為 6
④ 性交等 6
5 罪数 6
①同一被害者に対する数回の性交・わいせつ行為の場合  6
②監護者性交等罪・監護者わいせつ罪と児童淫行罪との関係 7
③ 監護者わいせつ罪と児童ポルノ製造罪 7
6 非親告罪 8
第4 終わりに 8