児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

h27ころの豊橋支部の強制わいせつ事件にはほぼ全部に保護観察が付けられたのに、誰も控訴していない件

 弁護人同士で情報交換してないんでしょうか。初犯の抱きつき事案で保護観察はないでしょう。
 この裁判官は、1ランク重い量刑をしているのですが、実刑控訴された事件では法令適用の誤りと訴訟手続の法令違反を指摘されていて、法律には弱かったようです。法律は判ってないのに量刑は重い裁判官がいるということです。