児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

19歳による自画撮・sexting 10画像の製造罪→保護観察(札幌家裁)→停職30日

 成人だと罰金で一瞬で処分が終わりますが。

1等陸士を停職処分=北海道
2017.03.18 読売新聞
 陸上自衛隊第7師団は17日、わいせつ画像を少女からスマートフォンに送信させたとして、東千歳駐屯地の第11普通科連隊の男性1等陸士(20)を停職30日の懲戒処分にしたと発表した。
 発表によると、1等陸士は昨年1月19日、無料通話アプリ「LINE(ライン)」で知り合った道外の少女が18歳未満であることを知りながら、わいせつ画像10枚をラインで送らせた。昨年4月に福岡県警に児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で摘発され、同9月に札幌家裁が保護観察処分を決定した。