児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

捜索→地元弁護士に相談→逮捕という経緯の女児静止画像1枚・公然陳列罪・罰金30万円(某簡裁)

 被疑事実も1画像、公訴事実も1画像。
 1画像じゃ逮捕されないというのか。
 捜索きたところで、強制処分という方針が見えている。