児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

家宅捜索翌日に受任した児童買春+児童ポルノ製造事件(年齢不知)について「ここまで準備されたら逮捕できませんわ」ということで、在宅捜査になり、起訴猶予になった事例

 逮捕前に、警察の「福祉犯捜査要領」の通りの供述書を作って警察に送りました。
 「捜査要領」といっても、奥村が昔嚙みついたポイントがリストになっているだけです。
 行為後に年齢を聞いたという事実関係と、行為前に児童と知っていないと児童買春罪にはならないという理屈を主張しました。