児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

医療職の児童ポルノ・児童買春事件で児童と知らなかったという主張を通して起訴猶予(在宅)

 途中警察が過失の青少年条例違反に切り替える動きがありましたが、それは、「対償供与の約束あり」「18歳以上と思っていた」という主張を随所に入れてもらって対抗しました。
 罰金なし、行政処分なし。