児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

判例タイムズH29.2.24

 出張中で読めません。

判例タイムズ」 2月24日 発売号目次
http://www.fujisan.co.jp/Product/2065/b/1454156/ap-i-open24hours
特別法を巡る諸問題[大阪刑事実務研究会]
児童ポルノ法(製造罪,罪数)
武田正・池田知史……35
・・・
東京高裁平28.2.19判決
 強要罪と平成26年法律第79号による改正前の児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律7条3項の児童ポルノ製造罪とが併合罪の関係にあるとされた事例……134