児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

大阪府内での青少年との淫行について「非常に難しい判断ですが、本当に恋をした上での性行為であれば罪には問われません。」という弁護士

「威迫し、欺き、又は困惑させて、」という手段の限定があるので、真剣交際であってもなくても、「威迫し、欺き、又は困惑させて、」がなければ、青少年条例違反にはなりません。


大阪府青少年健全育成条例の解説h26
(みだらな性行為及びわいせつな行為の禁止)
第 34 条何人も、次に掲げる行為を行ってはならない。
(1)青少年に金品その他の財産上の利益、役務若しくは職務を供与し、又はこれらを供与する約束で、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成11 年法律第52号)第2条第2項に該当するものを除く。)
(2)専ら性的欲望を満足させる目的で、青少年を威迫し、欺き、又は困惑させて、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと。
(3)性行為又はわいせつな行為を行うことの周旋を受け、青少年に対し当該周旋に係る性行為又はわいせつな行為を行うこと。
(4)青少年に売春若しくは刑罰法令に触れる行為を行わせる目的又は青少年にこれらの行為を行わせるおそれのある者に引き渡す目的で、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと。
旧第18 条繰下[平成3年条例第42 号]・旧第23 条繰下
一部改正[平成15 年条例第18 号]・旧第25条繰下[平成17 年条例第110号]
旧第28 条繰下一部改正[平成23 年条例第10 号]
【趣旨】
性の商品化が進み、性に関する意識が大きく変化する中で、出会い系サイトなどの利用により、少女買春など性風俗に安易に関わる青少年と、その青少年の性を、欲望の対象として取り扱う大人の背徳的な行為が深刻な社会問題となっている。
本条は、このような実態に鑑み、青少年の性を弄ぶ心ない大人から青少年を保護し、行為者の社会的責任を追及するとともに、青少年に正しい性意識を持たせる一助とするため設けられたものである。
なお、運用に当たっては、プライバシーその他の人権を不当に侵害することのないよう、取り締まりの対象行為を、その動機や手段において社会的に非難を浴びるような四つの性的行為に限定している。
【解説】
青少年に対し、青少年の健全な成長を阻害するようなみだらな性行為やわいせつな行為を行うことを禁止するものであり、この規定に違反すると、第47 条の規定により、2 年以下の懲役又は100 万円以下の罰金に処せられる。この淫行規定については、青少年を性の欲望の対象として取扱う大人の背徳的な行為を処罰する規定であり、実効性をより高めるため、平成20年の改正で罰則を条例で定め得る上限まで強化を図った。
行為の相手方である青少年の同意又は承諾がある場合でも本条は成立するが、婚姻又はこれに準じる真摯な交際関係にある青少年との間で行なわれる性的行為を含む趣旨ではない。
青少年の性的行為に関する法令については、刑法、児童福祉法及び売春防止法、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律等がある。
しかし、刑法では、13 歳未満の女子に姦淫した行為には強姦罪が、13 歳未満の青少年に対してのわいせつな行為については強制わいせつ罪が、暴行又は脅迫を用いなくとも適用されるが、13歳以上の青少年に対しては、暴行又は脅迫を伴う場合にのみ適用されるなど、本条が設定されるまでは、13歳以上の青少年に対するみだらな性行為やわいせつな行為については、法律上の規制が及ばず、青少年の健全育成上の盲点となっていた。
また、売春防止法では、売春を禁止し、人を売春の相手方となるよう勧誘、あっ旋、あるいは売春を行う場所を提供したもの等には罰則が適用されるが、売春の相手方には罰則規定(禁止規定はある)はない。
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律では、児童(18歳未満の者)に対し、対償を供与し又は供与の約束をして性交等を行なう行為等と規定し、経済的対価が前提とされていることから、対償を伴わない行為については適用されない。
児童福祉法では、児童に淫行させる行為を対象としているが、児童に淫行させる行為とは、「行為者が児童をして第3 者と淫行させる行為のみならず、行為者が児童をして行為者自身と淫行させる行為を含むと解する。」と最高裁決定がなされたことにより、行為者も処罰の対象となったが、「淫行させる行為」の内容が、個々の場合で判断されることから、必ずしも処罰の対象となるとは限らない。
このような法律の隙間を埋めるために、本条が定められたものである。なお、平成11年11月に施行された「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」の成立により、この法律と重複する部分については失効している。
ア 「何人も」とは、府民はもとより、旅行者や滞在者を含み、また成人であるか未成年であるかを問わず、現に大阪府内にいるすべての者をいう。なお、行為者が青少年の場合でも、本条の違反に該当するが、第54 条の規定により罰則は適用されない。
イ 「してはならない」とは、青少年を相手に、性行為やわいせつな行為を行うことを一切禁止しているものである。また、性行為等の相手方が青少年であることを知らないで行った場合についても、当該青少年の年齢を知らないことを理由として処罰を免れるものではない。
1 第1号
青少年に金品等を提供し又は提供する約束で、青少年を相手として性行為又はわいせつな行為を行うことを禁止するものである。
ア 「金品」とは、金銭や物品をいう。
イ 「その他財産上の利益」とは、動産・不動産・債権の譲渡、債務の免除、飲食の提供などをいう。
ウ 「役務」とは、一定の労力やサービスを提供することであり、例えば、仕事を紹介・斡旋したり、タレントに会わせることなどが該当する。
エ 「職務」とは、自らの所で当該青少年を雇用し、仕事を与えることをいう。
オ 「供与」とは、財産上の利益等を相手方に移転する一切の行為をいう。供与又は供与を約束する相手方は、必ずしも性行為等の相手方となる青少年に限定されない。
カ 「約束で」とは、行為者の申出に対する青少年の黙示の認容で足り、その約束が結果的に履行されたか否かは問わない。
キ 「性行為」とは、性交のほか性交類似行為も含まれる。
ク 「わいせつな行為」とは、いたずらに性欲を刺激興奮せしめたり、その露骨な表現によって健全な常識のある一般社会人に対し、性的に廉恥嫌悪の情を起こさせる行為をいう。
典型的なものとして、性器に指で触れる行為や乳房を弄ぶ行為、キスなどの接触行為が典型的であるが、裸にして写真を撮る行為、陰部を露出させる行為など、接触行為以外のものでも該当する。
2 第2号
性的欲望を満足させるため、心身ともに未熟な青少年を、正常な判断を行わせないような状態において、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うことを禁止するものである。
ア 「専ら」とは、概ね7割ないし8割程度以上をいうが、「専ら」に該当するかは、当該者の行為の態様、動機などを総合的に勘案することになる。
イ 「満足させる目的で」とは、行為者自らだけでなく、第三者の性的欲望についても含めるものである。
ウ 「威迫し」とは、暴行、脅迫に至らない程度の言語、動作、態度等により心理的威圧を加え、相手方に不安の念を抱かせることをいう。例えば、暴力団の構成員であると言ってすごむことなどが挙げられる。
エ 「欺き」とは、嘘を言って相手方を錯誤に陥らしめ、又は真実を隠して錯誤に陥らしめる行為をいう。例えば、婚姻をするつもりはないのにもかかわらず婚姻をするつもりであると言うことなどをいう。
オ 「困惑させて」とは、立場を利用したり、言語や態度により相手方を惑い困らせることをいう。例えば、雇用や金銭融通の恩義その他義理人情の機微につけ込むことや、職場の上司、教師などの立場を利用することにより、青少年が拒否の意思表示をできなくすることなどをいう。

http://blogos.com/article/229654/
NEWSポストセブン2017年06月18日 16:00
示談成立の小出恵介 懲役3年から5年の可能性もあった?
「淫行条例の内容は自治体によって違います。例えば東京なら、相手が18才未満だと知らなければ性行為を行っても条例違反には問われません。今年1月に未成年との淫行で問題視された狩野英孝が、刑事罰に問われず、“謹慎”で済んだのはこのケースだからです。ところが大阪の条例の場合、18才未満とは知らずに関係を持っても条例に抵触する可能性があります。違反すれば2年以下の懲役または100万円以下の罰金と定められています」(「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士)

 ただし、仮に女性が18才未満であっても、ふたりが「恋愛関係」にあれば、いわゆる淫行条例違反にはあたらないケースもある。

「非常に難しい判断ですが、本当に恋をした上での性行為であれば罪には問われません。例えば、ふたりで指輪を見に行ったとか、親に挨拶をして家を行き来しているとか、一緒にお墓参りに行っているとか。過去には、17才の女子高生と不倫関係だったにもかかわらず、男性側に無罪判決が出たこともあります」(前出・徳原さん)<<