児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

師弟関係の児童淫行罪につき、被害児童代理人弁護士が、奥村が集めて公開している損害賠償認容事例を示して交渉したら、裁判例レベルで和解できたらしい。

加害者 ホントにそんな判決あるのかよ

被害者代理人 奥村弁護士が公開している

加害者 ホントかよ 判決書見せろよ

被害者代理人 奥村弁護士に頼んでみる
ということで、被害者代理人は自分で判決探しに行かないで、奥村に「判決書下さい」と言ってきたのでした。
 奥村は被害者側の相談とか依頼を断っているのですが、被害者側の弁護士ってこのくらいの情報収集力。