児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

ね=ネットに負けない回答を(「法律相談カルタ」大阪弁護士会)

 ネットの回答は間違ってることが多い。

最近は相談者が、相談前にネット検索をしてきていることが多く、相談後にもネットで確認されることも多いでしょう。あやふやな回答では、ネットでは云々と反論されるかもしれません。ネット情報には誤リも多いですし、正確であっても都合のよい部分のつまみ食いであることがしばしばです。ネットの情報を盛んに持ち出す相談者には、調べた内容を詳しく説明してもらい、できれば検索記事を見せてもらうなどしましよう。弁護士も全てを知つているわけではないですから、それを恥と思う必要はありません。そのうえで、ネットでは必ずしも確保されていない双方向のやりとりを利用して、相談者固有の事実を正確に把握して、より精度の高い、その事案に適した回答を目指しましょう。