児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

弁護人が書いた身柄引受書

 弁護人が身柄引受人になることもあって、これで逮捕されませんでした。

(身柄引請書用紙)
    身 柄 引 受 書
            平成年月日
○警察署長殿
引請人
住居
(電話
職業
(電話
氏名     印 (  歳)
本人との間柄
ただ今貴署で取調中の下記の者の身柄の引請をしましたが,今後は責任をもって監督しますとともに,将来貴署又は関係官署から本人に呼出しのあるときには,必ず出頭させるようにします。
また,本人の住居の変更又は旅行等の場合は,直ちに貴署にお知らせします。

住居
(電話
氏名
(生年月日     歳)