児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

写真集の児童ポルノ性を監修する仕事

 アイドルグループの写真集が児童ポルノ性が問題になったり、児童ポルノ法が改正されたりで、気にする出版社も増えてきたようです。
 素材の写真を拝見できれば、1〜2日で、各画像について
  ?明らかに児童ポルノ
  ?児童ポルノの疑い
  ?児童ポルノではない
という弁護士名の報告書を作成しています。

 問題になるのは
殊更に
 児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部)
 露出され又は強調され
 性欲を興奮させ又は刺激する
の各要件ですが、判例などを参考にしてセーフ・アウトのラインを回答しています。

  性器、肛門又は乳首若しくはその周辺部
  臀部又は胸部
ってどこなんだろう。臀部と大腿部の境界線は判らない。「周辺部」というのもなあ。


 出版社の顧問弁護士もよく分からないというので、奥村が担当しています。2日かけて10万円くらいです。