児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「少女の股間にズボンの上からローターをあてがう行為」は青少年に対するわいせつ行為となるおそれがあり、「少女の股間にズボンの上からローターをあてがう画像」は「他人が児童の性器等を触る行為であって性欲を興奮させ又は刺激するもの」(7条3項2号)に該当するおそれがある。

 「他人が児童の性器等を触る行為」というのは、着衣の上からの場合も含み、物で触るのも含みます。
 行為地によっては、青少年に対するわいせつ行為として青少年条例違反となる恐れもあります。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/474666/
しかし今月17日、ツイッター上に「流星群少女」の運営スタッフが、少女の股間にズボンの上からローターをあてがう画像が流出。中学生ということもあり、ファンの間で騒動となっていた。
 この日「ヒペリカム」の発表と同タイミングで「流星群少女」の公式ホームページでも、少女とのマネジメント委託の解消が発表された。
 さらに「お詫び関係者並びにファンの皆様へ」として、今回の騒動について関係者、ファンに謝罪。今後このような問題が起きないよう、スタッフの指導を徹底するとともに「当該スタッフにつきましては法的措置も念頭にいれ、11月19日付で解雇とさせていただいております」とした。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律(H26改正後)
(定義)
第二条  この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。
2  この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。
一  児童 
二  児童に対する性交等の周旋をした者
三  児童の保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)又は児童をその支配下に置いている者
3  この法律において「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に係る記録媒体その他の物であって、次の各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。
一  児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態
二  他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
三  衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部をいう。)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの