児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

捜索も回避したいとして児童ポルノの処分方法を警察に相談に行く人からの相談

 頼まれればやるわけですが、逮捕されるわけでもないのに、警察では参考人取調が待っているので、こんな作業になります。
  児童ポルノとそうでないものをより分けて
  児童ポルノ該当性についての意見書書いて、
  入手経路の報告書書いて
  取調で聞かれることを書面にして。。。
 ご自分でやればタダだと思いますが、弁護士が頼まれてしまうと、手間賃なのでタイムチャージでお願いしたいところですが、50冊(枚)で30万円くらいになります。書面書かなくていいのならだいぶ手間が省けるのですが。