児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

起訴猶予事例2件

 児童買春罪で示談しても起訴猶予は難しいのですが、被害児童の取調が未了の時点で、取調が苦痛で、示談したこともあるし捜査に応じないということになった事例が1件。
 sextingの児童ポルノ製造(平和的に頼んで裸の写メを送ってもらった行為)について、被害者共犯説の判例(広島高裁、神戸地裁)を示して検察官をねじ伏せた事例が1件。