児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

Skypeで脅迫して裸体画像を送信させたという強要事件

 刑法の教科書的に言えば、強制わいせつ罪(親告罪)が成立して強要罪非親告罪)は成立しないのですが、非親告罪で告訴取らずに軽く処罰しようというのです。被害者はそれでいいんでしょうかね。
 感覚ですが、強要罪の1/3くらいは性的行為を強要するものになっていて、親告罪がせん脱されています。
 「うそつきは地獄に落ちればいい」というのでは脅迫として弱いですが、実際にはにもっと露骨な脅迫文言があるという被疑事実だと思います。下品なので書けませんが。

http://digital.asahi.com/articles/ASGCK6VH6GCKTIPE055.html
スカイプで女子学生にみだらな行為送らせた疑い 男逮捕
2014年11月18日00時05分
 インターネット電話の「スカイプ」を使って、女子学生にみだらな行為を撮影送信させたなどとして、福岡県警は17日、容疑者(27)を強要などの疑いで逮捕し、発表した。
 発表によると、容疑者は昨年11月、北九州市内に住んでいた専門学校の女子学生(19)に、みだらな行為をさせた動画をスカイプで送らせたなどの疑い。女子学生とは、ネットの掲示板で知り合ったという。
 容疑者は、女子学生にコスプレをしてもらおうと電子マネーを贈るなどしたが応じてもらえず立腹。「うそつきは地獄に落ちればいい」などのメッセージを複数回送り脅迫するなどしたうえで、みだらな行為を撮影送信させたという。
 容疑者は「何とか言うことを聞かせようと、乱暴なことをした」と話し、容疑を認めているという。

http://www.kbc.co.jp/news/
福岡】わいせつ動画を送らせた疑いで男を逮捕
11/17 23:56 更新
インターネット上で知り合った女性に、わいせつな動画を送らせるなどしたとして、17日、山口県の男が逮捕されました。強要や強要未遂の疑いで逮捕された容疑者(27)は、去年、インターネット上で知り合った、当時北九州市在住の18歳の専門学校生の女性に、パソコンの無料テレビ電話機能を使って、わいせつな動画を送らせるなどした疑いがもたれています。調べに対し容疑者は、「1万円分の電子マネーをあげたが、言うことをきかなかったから、やった。」と話し、容疑を認めています。