児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

たばこ2箱で女子高生にわいせつ 市議会事務局の臨時職員逮捕 静岡

 対償=性交等の対価ですから、あんまり安価だと、「対償供与の約束」がないことになります。
 10円20円だとおかしいでしょ。300円でもおかしいか。1000円だとどうですか?
 弁護人はそう主張してください。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140910/crm14091015010014-n1.htm
逮捕容疑は8月8日、短文投稿サイトのツイッターなどを通じて知り合った県内の女子高校生(17)にたばこ2箱を買い与える約束をして、同県内の山中に止めた容疑者の車内でわいせつな行為をしたとしている。
 同署によると、7月下旬ごろに知り合った後、容疑者から「直接会ってほしい」と持ち掛けていた。女子高校生から8月中旬に相談があり、発覚したという。