児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

強制わいせつ罪(176条後段)公判廷でも自白して途中で否認転じて、無罪となった事案(神戸地裁H26)

 公訴事実を認めて、検察官請求証拠に同意して、被害弁償をしてから、否認という厳しい状況から挽回した事件。
 裁判官・検察官からは、「被告人の言い分聞き過ぎじゃないの?」と言われましたが、後からアリバイ証拠が出てきました。1審で確定。