児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童を使った美人局事案につき、弁護士に相談して早期に自首して、児童買春罪については在宅捜査となり送検され、相手方の男女は児童福祉法違反(淫行させる行為・児童淫行罪)で逮捕された事例。

 そういうのに休日対応している最中にその種の相談が来ました
 援助交際より手っ取り早いので遊客の持ち金を全部取ってしまおうとするようです
 こっちは1回だが、あっちは複数回美人局行為(児童淫行行為+恐喝行為をやってるので、こうなります。
 自首すると同時に、お金の受け渡し現場に機動捜査隊が張り込んで恐喝未遂で現行犯逮捕された事例もありました。