児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

出会い系からアプリへ…児童買春検挙、最多の県

h23の統計はここにあります。

http://www.npa.go.jp/archive/toukei/keiki/h23/excel/H23_122-124.xls
児童ポルノ・児童買春検挙人員
人員
総数 1,678
神奈川 312
愛知 161
東京 153
大阪 138
北海道 119
福岡 71
千葉 69
静岡 45
広島 42
埼玉 39
岡山 38
兵庫 37
福島 35
長野 30
宮城 25
京都 25
熊本 25
愛媛 22
鹿児島 21
新潟 18
山口 17
茨城 16
岐阜 16
群馬 16
滋賀 16
沖縄 14
佐賀 14
三重 12
長崎 11
富山 11
石川 10
栃木 10
岩手 9
秋田 9
香川 8
青森 8
島根 8
徳島 8
宮崎 7
奈良 7
和歌山 7
高知 6
大分 6
福井 5
山形 2
山梨 -
鳥取 -

 大阪とか兵庫まで逮捕に来るので、奥村も20件以上神奈川県警にお世話になっています。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130621-OYT1T00168.htm
神奈川県警が今年1〜5月、児童買春事件(児童福祉法違反事件などを含む)として検挙した件数は124件(前年同期比37件増)で、全国で最多だったことが20日、県警のまとめでわかった。
 スマートフォンの無料通話アプリで知り合った少女が被害者となる事件も発生。県警は少年少女の家出や深夜徘徊はいかいなどが増える夏休みを前に、注意を呼び掛けている。

 県警少年捜査課によると、県警が容疑者を逮捕・送検した児童買春事件は2007〜12年、6年連続で全国最多。10年は212件(全国954件)、11年は263件(同842件)、12年は201件(同695件)と高水準で推移しており、今年1〜5月も全国の逮捕・送検件数(325件)の4割近くを占めている。

 これまでは出会い系サイトをきっかけに少女が被害に遭う事件が多かったが、スマートフォンの普及とともに、無料通話アプリで知り合うケースが増えているという。4月には、美容師の男が無料通話アプリ「LINE(ライン)」で知り合った当時高校3年の少女に対し、ヘアカットする代わりに複数回わいせつな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で旭署に逮捕された。

 県警幹部は「出会い系サイト規制法では、児童と異性交際や性行為をすることを求める書き込みを禁止しているが、スマートフォンの無料通話アプリは規制の対象外。児童との新たな出会いの場の温床となっている」と指摘する。