児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

教員が夜間青少年の相談に乗ったという夜間同伴の罪で、罰金10万円(静岡簡裁H25.5.1)→ 減給6ヶ月

教諭 深夜少女連れ外出 罰金命令 静岡市教委 減給6か月=静岡
2013.05.31 読売新聞
 静岡市教委は30日、18歳未満の少女を連れて深夜に外出したとして、県青少年環境整備条例違反(深夜の連れだし)で静岡簡裁に略式起訴された同市立中学校(駿河区)の30歳代男性教諭を、減給6か月(10分の1)の懲戒処分とした。
 発表によると、教諭は昨年12月8日午前0時過ぎ〜同2時頃、同市内に住む知り合いの少女を保護者の許可なく少女宅に迎えに行き、自家用車の助手席に乗せて外出したとして、同条例違反の疑いで書類送検された。5月1日、静岡簡裁で罰金10万円の略式命令を受け、納付した。
 2人は携帯電話のメールで連絡を取り合い、昨年10月以降、計4回、深夜に会っていた。教諭が少女の悩みや相談に乗っていたといい、市教委の調査に対し、教諭は「後ろめたいので深夜に会っていた。あってはならないことをした」と反省しているという。教諭は4月から1年間、未成年の人権などに関する研修を受けている。
 高木雅宏教育長は「再発防止のため、全教職員に法令順守と綱紀粛正を強く求め、指導を徹底する」とのコメントを発表した。

懲戒処分:県条例違反で中学教諭を減給−−静岡市教委 /静岡
2013.05.31 毎日新聞 
 静岡市教委は30日、駿河区にある市立中学の30代の男性教諭を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にしたと発表した。
 市教委によると、教諭は昨年12月8日深夜、市内に住む18歳未満の少女を保護者の承諾なしに車に乗せて外出した。葵区の路上で停車中に警察官に職務質問され発覚した。2人は知り合いで、教諭は「悩みを聞いていた」と話している。昨年10月ごろから深夜に計4回会っていたという。
 教諭は県青少年環境整備条例違反で略式起訴され、今月1日に静岡簡裁から罰金10万円の略式命令を受けた。