児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

教員・公然陳列で罰金30万、停職3ヶ月

 陳列程度では権利侵害がないと思ってるんでしょうね。
 法定刑は5年です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111129-00000288-mailo-l40
懲戒処分:福岡市教委、児童ポルノ公開の教諭を /福岡
毎日新聞 11月29日(火)16時22分配信
 福岡市教委は28日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)容疑で県警に逮捕された高宮中学(南区)の男性教諭(56)を停職3カ月の懲戒処分にした。男性教諭は「子供たちを裏切った」として同日付で依願退職した。
 市教委によると、男性教諭は9月、自宅の私有パソコンのファイル共有ソフトを使い、9〜14歳とみられる少女の児童ポルノ動画2点を保存し、ソフト利用者が閲覧できる状態にした容疑で逮捕された。今月、福岡簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、納付した。
 市教委に対し男性教諭は「生徒の取り組みを紹介するビデオに使う音楽を探していて、一緒に動画をダウンロードしてしまった。公開されているのは知っていた」と説明したという。また、同中学校長も監督責任を問い厳重注意とした。
〔福岡都市圏版〕