児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

提供目的無く、通販で児童ポルノDVDを200枚買ったら、購入者を被疑者とする5項所持罪の被疑事実で捜索・押収された事案

 FAQといっていいと思います。
 社会的地位のある人で、家族がいる前だと、死ぬほど恥ずかしいですね。
 客観的には売るほど有るという状況。
 販売側が検挙されたんでしょうが、そんなんで捜索許可状が出てしまうんですね。
 「購入と所持は処罰されない」とはいうものの、
 不用意に
   将来、売るかもしれない
なんて供述すると、5項所持罪成立です。