児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

弁護人から「被告人用の『反省文』を下さい」という依頼。

 意味がわからない弁護士に書かされても意味がありません。
 書くのであれば
  1 事実関係を認める
  2 児童ポルノ・児童買春の害悪について学習したこと
  3 その害悪を与えたことを謝る。
ということになります。
 実は、何罪でも同じです。