児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

探偵に相談するより、弁護士の方が安い。

 弁護士は基本的に30分5000円ですから、
 福祉犯の解決で780万だそうです。

無料電話相談:探偵・興信所問題で、弁護士有志があす /大阪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100115-00000132-mailo-l27
依頼者の弱みに付け入り高額な調査費を請求する悪質な探偵や興信所について、大阪の弁護士で作る「探偵・興信所問題研究会」が16日、消費者からの電話相談を実施する。
 同研究会は04年11月に設置。これまでに4回の電話相談を実施。子どもの交際相手の調査費として780万円を請求した業者もいたという。悪質な探偵が問題化したのを受け、国は07年6月に探偵業法を施行し、業者に対して公安委員会への届け出や契約書の交付などを義務付けた。しかし、同研究会は「表面化を恐れる依頼者に高額な費用を請求する業者は減っていない」としている。
 相談時間は午前10時〜午後3時。無料。電話は06・6361・5100。悪質なケースについては提訴の相談にも応じる。