児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

桐信職員が少女買春、営業係の44歳男逮捕

 10罪立件されると厳しいですね。
 ちゃんと弁護してもらうべきです。
 見るからに援助交際していそうな銀行員というのはいませんよ。

http://www.kiryutimes.co.jp/news/0904/0909042.html
県警などによると、少女の様子を不審に思った親が8月、同署に相談した。容疑者は「女子大生だと思っていた」などと供述、容疑を一部否認しているという。
 容疑者は携帯電話のサイトへの書き込みを通じて少女と知り合ったといい、調べに対し「4月から7月までにかけて10回ほど会った」「1回に1万〜2万円を渡した」と供述しているという。
 桐生信金によると、同容疑者は独身。桐生市内の支店で営業係を担当していた。おとなしくて目立たない性格で、これまでの勤務態度に問題はなかったという。