児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童ポルノ・児童買春の判例

 また弁護士から聞かれました。
 最高裁サイトで検索すれば数件ヒットしますが、まだまだ解釈がはっきりしないところがあるということです。
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01
 漠然と「判例ありますか?」と聞かれても答えようがないですが、事案と論点・疑問点を教えてもらえれば裁判例を指摘することは可能です。

  • 最高裁判例 平成15(あ)1348 わいせつ図画頒布,わいせつ図画販売,児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反,わいせつ図画販売目的所持被告事件  平成18年05月16日 最高裁判所第三小法廷 決定 棄却 東京高等裁判所

 判例集だけでなく、文献で紹介されている裁判例もありますから、少しは自分で調べて下さいよ。