児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

美人局の恐喝・強盗が増えている感じです。

 自称「児童」との児童買春罪が既遂になったタイミングで数人の男性がなだれ込んで来て、暴行脅迫して財物奪取するパターン。
 相談多いです。
 奥村の経験では、恐喝・強盗の被害者としての取り扱いの後、児童買春被疑者としての取り調べが待っているようです。
 ぐずぐずしてると恐喝・強盗の犯人逃げちゃうので、弁護士も自首の準備もそこそこに、電話で警察と打ち合わせを始める必要があります。