児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

インターネット上の殺人予告等の犯行予告は110番へ

 児童ポルノは110番でなくてホットラインセンター、名誉毀損はどこだっけ?
 全部ひっくるめて有害情報は110番じゃだめなんですか?

                         総務省総合通信基盤局長
インターネット上の殺人予告等の犯行予告情報の通報について
 平素より情報通信行政に対し、格別の御高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、インターネット上の犯行予告につきまして、警察庁から、殺人、爆破、傷害等の犯罪を予告する書き込みを見つけた際には、警察に通報するよう要請が出されたものと承知しています。
 貴団体におかれましては、上記警察庁からの要請を踏まえ、所属の電気通信事業者等が、上記のような書き込みを見つけた際には、110番への通報に協力いただけるよう、貴団体所属事業者に周知いただきますようお願いいたします。