児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

福祉犯に慰謝の措置は必要か?どの程度効くのか?

 弁護士からの質問。
 そんなこと調べりゃわかりそうなものだが。そんなことわからないのに受任したのか。
 破棄減軽した高裁判決を並べれば説明の要なし。但し公刊物未掲載。
 判決を集めて量刑理由を総合するとマイナス要素とプラス要素はすぐわかります。