児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

撮影型の強制わいせつ罪と強姦罪が包括一罪になっている事例(東京地裁h17.11.14)

 これの被害者が児童だとして、3項製造罪(姿態とらせて製造)があるとすれば、強制わいせつ罪とは観念的競合になって、強姦罪とは包括一罪になって、ダビングが包括一罪だとすると、ダビングしておけば、全部一罪ということになります。
 数罪の強姦罪をかすがいしてしまうという東京高裁h19.11.6の危惧は正解です。
 児童ポルノの立法者の調査不足ですね。

東京地方裁判所平成17年11月14日
住居侵入、強盗致傷、強制わいせつ、強盗強姦、強盗、窃盗、詐欺、窃盗未遂被告事件
【掲載文献】 最高裁判所刑事判例集61巻2号94頁
第10
 被告人は,他人の居室に立ち入って,その居室内に一人でいる女性から金品を強取するとともに,その女性を強いて姦淫することを計画し,Xと共謀の上,平成15年10月9日午後1時50分ころ,M(当時23歳)方居室に配電盤の点検作業員を装って玄関から侵入し,そのころ,同所でMから金品を強取するとともに,被告人においてMを強いて姦淫する旨Xと共謀し,同日午後2時55分ころまでの間,同所において,Mに対し,その腹部を手拳で殴打し,口を手でふさいで床に組み伏せ,同室内にあった包丁をその面前の床に突き立て,両手首を麻ひもで緊縛し,口にハンドタオルを押し込み,着衣をはぎ取り陰部等を露出させて,これをカメラ付き携帯電話機で撮影し,「騒いだら殺すぞ。今から言うことを聞け」と語気鋭く申し向けるなどの暴行,脅迫を加え,その反抗を抑圧した上,Mの管理に係る自動車運転免許証1枚及び健康保険被保険者証1通を強取し,さらに,被告人において,上記暴行,脅迫により反抗を抑圧されているMを強いて姦淫した。