児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

実刑と執行猶予のあいだ

 保護観察付き執行猶予の原判決について「保護観察は取れないのか?」「保護観察を取ってくれ!」という控訴を幾つかやってるんですが、1件控訴棄却されました。
 検察官からは「実刑でも不思議ではない」と答弁。まあそれくらいの事案を一審で執行猶予にしてきているわけですが、その量刑でいいのかを確認したいところ。
 棄却の場合は、冒頭の
   ほ・・・
でわかります。
 原判決破棄の場合は、冒頭の
   げ・・・
でわかります。
 主文を聞くと、記者が走って出て行くのですが、別に無罪にしてくれと言ってるわけじゃないのに、何聞きに来ているのか?