児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

逮捕の中学教諭、起訴猶予=女子中学生わいせつ事件−那覇地検

 この事件の事情は知りませんが、淫行を一律逮捕するのやめませんか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000128-jij-soci
男性教諭は、勤務先の中学校に在籍していた中学3年の女子生徒を、沖縄本島南部のホテルに連れ込み、わいせつな行為をしたとして、逮捕された。拘置後に処分保留で釈放され、同地検は任意で捜査を継続していた。
 教諭は逮捕当時、病気療養で休職中だった。「女生徒とは婚約関係にあった」と話しているという。