児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

電子マネー犯罪

 だまし取ったり、不正に発行したりという事件が散発しているようですが、規模が大きくなってくると、通貨発行権の侵害だとか、通貨供給量の問題(インフレ)だとか出てきますよね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000047-mai-soci
<詐欺>電子マネーを不正に取得 5容疑者逮捕 警視庁
12月3日13時42分配信 毎日新聞
 調べでは、容疑者らは04年11月〜今年9月、電子マネー発行会社「ウェブマネー」(東京都港区)から電子マネーを購入する際、代金支払先になっていた金融機関に送信するデータを改ざんし、7万円の振り込みで計61万5000ポイント(現金61万5000円相当)の電子マネーをだまし取った疑い。