児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

知らない所に勾留されている知らない人から弁護人選任届が届いたら。

 A4縦用紙に縦書・手書。
 弁護人の署名押印欄がありません。

 性急すぎますよね。
 相談なのか依頼なのか?
 とりあえず事情を聞かないと断れないので、「?」という返事を出すことになります。

 捜査段階の弁護人選任の方法については、最近。ちょっとこだわっています。