児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

自責の念で逮捕前に地元弁護士に相談したら「警察はそんなことで逮捕しない。棺桶まで黙っていればよい」との回答を得て、その後逮捕されたという苦情。

3回目くらいか。
 逮捕されるような行為をしたから逮捕されるのであって、その弁護士には責任は大したないと思います。回答が間違っていたということで相談料くらい返してもらいましょうか?
 弁護士も福祉犯なんて報道でしかしらないので、弁護士の回答としては、最もありがちです。
 証拠がそろえば確実に検挙(原則逮捕)されると思って下さい。結構重罪なんですよ。