児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「製造罪と性犯罪・福祉犯が観念的競合なった件数」という検察統計は嘘か?

 最近は3項製造罪(姿態とらせて製造)と強制わいせつも観念的競合となることが観測されています。
 以前、刑事確定訴訟記録法で見た判決で見かけたので、件数を確認しようと思って、情報公開でそういう統計をもらった。年数件あるという。
 次に、判決書を確認しようと、さらなる情報公開で、「その観念的競合の事件の原庁はどこか」と聞くと、法務省曰く「実はその統計は誤りで、観念的競合の事件はなかった」という。こちらの手元に観念的競合の判決があるのに。
 さらに、ある事件の控訴審で、児童買春罪・青少年条例違反と3項製造罪は観念的競合という主張の立証で上記の統計を出したら、高検の検事は「件数は信用性に欠ける」と不同意にした。公文書なのに。観念的競合の判決は証拠採用されているのに。
 ミスだから隠そうとしているのならまだわかりますが、若い検事さんが、今年になってもバンバン観念的競合で起訴してきていますよね。

函館地裁H19 児童買春罪と3項製造罪は観念的競合
札幌高裁h19 児童買春罪と3項製造罪は観念的競合
富山地裁高岡支部H19 児童買春罪と5項製造罪は観念的競合
東京高裁H17 児童淫行罪と3項製造罪は観念的競合
札幌家裁小樽支部H18 児童淫行罪と3項製造罪は観念的競合
札幌高裁H19 児童淫行罪と3項製造罪は観念的競合
横浜家裁横須賀支部H17 3項製造罪と児童淫行罪は観念的競合
長野家裁H18 3項製造罪と児童淫行罪は観念的競合
東京家裁h16 販売目的製造と児童淫行罪を観念的競合
横浜地裁H17 青少年条例違反(淫行)と提供目的製造罪を観念的競合
奈良家裁H16 販売目的製造と児童淫行罪を観念的競合
名古屋家裁岡崎支部h18 児童淫行罪と3項製造罪は観念的競合
長野地裁H19 強制わいせつ罪と3項製造罪は観念的競合
札幌地裁H19 強制わいせつ罪と3項製造罪は観念的競合

 児童淫行罪・強制わいせつの事件番号と、児童ポルノ・児童買春の事件番号を付き合わせれば、まだまだ出てくるんじゃないかと思っています。
 これをちょっと併合罪に押し戻すのが一苦労。