児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

国会図書館の医学書の謄写が厳しい

 売ってる本でも、児童の裸体があると、謄写目的聞かれます。
 「証拠にする」って謄写したら、証拠にしないと怒られるかもしれません。
 ということで、医学書を証拠にします。

 これって、検閲ですよね。
 奥村が図書館の蔵書をコピーするという表現行為に先立って、行政部門が内容を審査して、不適当と認めるときに、差し止めるわけですから。