児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

名古屋拘置所

元はこんなんで、高層です。
http://www2.aia.pref.aichi.jp/kikaku/j/map/kouchisho.html
 大阪拘置所と比較すると、都心にあって、大変便利です。
 高層にすると、周辺住民から「覗かれる」という苦情があるそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/aichi/news006.htm
新収容棟は2006年8月に着工。鉄筋コンクリート8階建てで、総面積約1万平方メートル、工事費は総額約48億円。1983年に完成した12階建ての収容棟(約2万平方メートル)の隣に建設された。部屋数は1人用の単独室(6平方メートル)が224室、6人用の共同室(約23平方メートル)が13室の計237室となっている。

 1回見学に行きましたが、エレベーターの中にも牢屋があるんですよ。