児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

「原審弁護人に高額の着手金を支払ったが納得がいく弁護がされたと実感できず実刑となった。奥村弁護士がお詳しいようなので無料で控訴審を受けて欲しい」という依頼。

 原審の私選が幾らもらったかは知りませんが、確かに原審の私選弁護人の情状弁護が逆効果になっていることもありますね。
 もともと実刑相当事案だとしても、法令適用に致命的な間違いがあるかも知れませんから(それで実刑というのは気の毒なので)、一応、検討します。判決や記録は持ってきて下さい。
 「タダでやってくれ」と言われても、奥村は国選事件は受けませんし、他の弁護士に国選弁護してもらって横から口を出すわけにも行かないので困りますね。
 気がついたところをコメントするくらいはしますけど。