児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

弁護人選任について(回答書)

 こんな書類をいきなりこっちに送って来ないで下さいね。高裁宛じゃないですか。
 被告人に送り返さなくっちゃ。

 一審実刑だとか、なんとなく用件はわかりますけど。

一審裁判所:  地方裁判所  支部
   事件番号:平成17年第  号


××高等裁判所刑事部 御中
     郵便番号
     住 居
     電話番号
     (在監者はその場所)
      被告人氏名

弁護人選任について(回答書)
1 自分の方で私選弁護人を選任する。
2 自分の方では選任しないので,国選弁護人の選任を請求する。
その理由は
(1)貧困のため
(2)その他(具体的な理由を記載する。)

3 私選弁護人は選任しないし,国選弁護人の選任も請求しない。
(注)1〜3のいずれかの番号に○をつけてください。