児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

売春を許容する日本社会?

 売買春は違法です。
 許容する人の間では、許容されると信じられているだけです。

http://www.shinmai.co.jp/news/20050730/mm050730sha6022.htm
検察側は論告で「少女を性の商品として扱い、国際社会で日本の信用を失わせた」と懲役3年を求刑。弁護側は最終弁論で「非難されるべきは売春を許容する日本社会」と執行猶予を求めた。