児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

併合罪、あつまれー!

 こういう目的で判決集めているので、関係者の名誉や社会復帰を害することはありません。
 併合罪説、14個集まっています。高裁2地裁12。
 来週は東北地方を行脚します。 
 裁判官の異動先を追った方が早かったりして。 

 数回の児童ポルノ罪を併合罪とするものとして
阪高裁H14.9.12(原審京都地裁H14.4.24)
京都地裁h14.2.13
札幌地裁H12.3.9
札幌地裁H12.7.28
横浜地裁H12.3.21
福岡地裁H14.10.4
東京高裁H15.6.4(上告中)
鹿児島地裁H12.12.7
大阪地裁H14.3.14
甲府地裁H14.8.5
横浜地裁H16.1.16
青森地裁八戸支部H12.3.15
東京地裁H14. 3.14
を挙げることができる。