児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

児童虐待 市町村窓口、重責に不安も

児童相談所も専門家ではなかったりします。

http://www.nnn.co.jp/tokusyu/kuni/050723.html
法改正により市町村には、予防、早期発見、相談通告を受理し、家族支援、自立支援、緊急通告受理体制の整備など、多くの役割が求められるようになった。