児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

被害児童が安易に応じた事情があったとしても、それを過度に重視することはできない(大阪地裁堺支部H16.1.9)

この辺は裁判官に趣旨が浸透してきたようです。

なお、被害児童は小遣い銭ほしさに安易に買春に応じたが、若年であるが故に心身発達未熟で判断能力にも乏しくこの点を被告人につけこまれたとも言えるのであって、被害者側の落ち度を過度に重視するのは相当ではない