児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

P2Pファイル交換安全利用ガイドライン

 著作権侵害しか念頭にないから、「安全利用」って著作権者からのクレームが「危険」みたいですよね。
 著作権法違反だけではなく、児童ポルノ名誉毀損も猥褻図画も情報漏えいもふくめて、「適法利用」のガイドラインつくってよ。

http://www.jnsa.org/active7_040820.html
P2Pファイル交換安全利用ガイドライン作成への意見募集について」
2004年8月20日

 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会JNSA)コンテント セキュリティWGでは、本日、「P2Pファイル交換安全利用ガイドライン」の草稿を 広く一般から意見募集するため公表いたしました。
 国内P2Pファイル交換ソフトウェアの普及により、多くの利用者に大量のファイル が交換されるネットワークが形成されました。しかし利用者によって著作者の許可 なく著作物を収録したファイルが交換され、著作者と利用者の間での訴訟・紛争等 が懸念されています。 本ガイドラインでは、P2Pファイル交換安全利用のガイドラインを示すとともに、 著作者と利用者の間での訴訟・紛争等を未然に防ぐことを目的として作成されて います。
 本ガイドラインへの意見を広く一般から募集することにより、より良い理解を促すドキュメントの作成を目指しています。皆様からのご協力をお待ちしております。
  本ガイドラインへのご意見やお問い合わせは、下記までメールにてご連絡ください。


日本ネットワークセキュリティ協会 コンテントセキュリティWG
P2Pファイル交換安全利用ガイドライン窓口

http://www.jnsa.org/active/topics/JNSAP2PGUIDE.pdf