児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・強姦・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(強姦罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例違反)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

保釈中にまた誘拐未遂、小学教諭を逮捕…大津

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040820-00000001-yom-soci

 大阪の事件の弁護人は、大津まで接見、御苦労様です。

 保釈中の再犯。薬物事件では良くあるそうですが、
 こんなことで弁護人も「保釈されなきゃよかった」と思うこともあります。
 最所の刑事事件(国選)は、万引窃盗でしたが、保釈とって内縁の妻を情状証人にして結審しましたが、その帰り道に、見張り役の内縁の妻もろとも逮捕されまして、
   もうしません その足でまた万引
というスポーツ新聞の見出になりました。
 保釈は不要になったので、取り消してもらい、保証金を取りもどしました。
 保釈はいいことばかりじゃないと思います。トラウマですね。