児童ポルノ・児童買春・児童福祉法・監護者性交・強制わいせつ・青少年条例・不正アクセス禁止法・わいせつ電磁的記録記録被告事件弁護人 奥村徹弁護士の見解(弁護士直通050-5861-8888 hp@okumura-tanaka-law.com)

性犯罪・福祉犯(監護者性交罪・強制わいせつ罪・児童ポルノ・児童買春・青少年条例・児童福祉法)の被疑者(犯人側)の弁護を担当しています。専門家向けの情報を発信しています。

虐待防止の実例集め公表 文科省が来年度

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040818-00000054-kyodo-soci

 児童ポルノ・児童買春も深刻な児童虐待だと思うんですが、裁判傍聴に来ませんか?

 性的虐待でも、法律上は親権者等が主体にならないと「深刻な児童虐待」ではないことになりますがどこがどう違うのでしょうか?